初期老眼のためのスマホ保護シートを販売!目のピントを補正 老眼の特徴

スマホから発せられているブルーライトには、人の目の機能を低下させる可能性があるといわれています。そのため、目の機能低下を防ぐために、ブルーライトをカットする保護シートをスマホ画面に貼り付けるなどの対策を講じている方も多いことでしょう。

老眼とスマホのブルーライトの因果関係については、はっきりしていない部分もあります。しかし老眼は、多くの人が悩んでいる目の不調として知られています。このような目の不調を未然に防ぐためには、日ごろから目を保護し、ピント補正などによる負担がかかりすぎないようにすることが大切です。こちらでは、老眼の症状や原因を解説します。

老眼の症状

スマートフォンを少し離して見る男性

老眼の症状はどのようなものがあるのでしょうか?目のピント補正にも悪影響を与える老眼は、以下のような症状が現れます。しかし、スマホ画面に専用の保護シートを貼ることで老眼を予防することができます。

スマホなどを見るときに画面を遠ざけないと文字を読むことができない

老眼の代表的な症状としては、近くにある文字が見にくくなるというものを挙げることができます。例えばスマホの画面に表示された文字を読む際に、無意識のうちにスマホを遠ざけている場合には、既に老眼になっているかもしれません。

薄暗い場所で文字を読むことができない

老眼になってしまうと、薄暗い場所で文字を読むのも困難になります。例えば、以前は問題なく新聞や本を読んでいた場所での文字の判別ができなくなった場合、それは老眼の症状かもしれません。

目の奥の痛みや頭痛、肩こりが慢性化する

老眼になると体の様々な部位に、それまでにかかっていなかった負荷がかかるようになります。これによって目の奥の痛みや頭痛、肩こりが慢性化することもあり、これらもまた老眼の代表的な症状です。

目が疲れやすくなる

老眼になってしまうと、スマホの画面を見ようとするだけでも、目に負担がかかります。目が疲れやすくなることも、また老眼の症状です。

目のピント補正機能にも影響を及ぼす老眼の原因とは?

スマートフォンを両手で持つ

スマホ画面に専用の保護シートを貼ると、目への負荷を軽減できることはできます。しかし、それだけでは老眼を予防することができないケースもあります。スマホ向けの老眼補正保護シートを購入する際には、老眼の原因をよく理解し、目的に応じたものを選ぶことが重要です。ここでは老眼の原因を解説します。

水晶体の硬化による機能の低下

目には水晶体という部分があり、この箇所にはカメラのレンズのようにピントを調整し、目の前にあるものを見やすくする働きがあります。しかし、この水晶体は加齢などによって徐々に硬化し、ピントの調節機能も徐々に低下してしまいます。これによってものが見づらくなる症状が老眼です。

スマホの使用頻度が高い

近年では、スマホの見過ぎによって老眼を発症するケースもあります。これはスマホを長時間見ることによって、毛様体筋と呼ばれる箇所に過度に負担がかかるためです。近視の人が眼鏡やコンタクトレンズを使用せずにスマホを見続けることで発症しやすくなるともいわれています。

スマホが引き起こす老眼は、ブルーライトをカットする保護シートだけでは予防できないということも知っておく必要があります。

初期老眼のためのスマホ保護シートを販売!

スマホの見過ぎによって生じることがある老眼を予防するためには、日ごろから対策を講じておくことが大切です。ブルーライトをカットできるスマホ画面の保護シートなども対策グッズの1つとして有効です。

Care&Care INAMUでは、可読性向上とブルーライトカットが可能なスマホシートをご用意しています。視力補正・目の運動アプリなどの視力補正ソリューションによりスマホの画面が鮮やかに見えます。スマホシートのほかにも、歯垢チェッカーやフロスなど、人々の健康に役立つ商品を販売中です。

スマホ老眼でお困りならスマホ保護シートを販売するCare&Care INAMUへ

店名 Care&Care INAMUヘルスケア商品オンラインストア
会社名 GOOD BRIDGE 合同会社
代表者名 李 秉錫(イ ビョンソク)
住所 〒862-0913 熊本県熊本市東区尾ノ上4丁目1−21 尾ノ上オフィス2号室
TEL/FAX 096-273-9186
URL https://careandcare.co.jp/
取扱商品 医療機器/介護用具/口腔衛生用品/ヘルスケア用品/その他アイディア雑貨etc…